FC2ブログ

AKB、アイドルなど芸能人激似のAVサンプル動画を厳選!

AKBやアイドル、女優、芸能人に激似のAVサンプル動画を厳選して紹介!
AKB、アイドルなど芸能人激似のAVサンプル動画を厳選! TOP  >  スポンサー広告 >  芸能ニュース >  「椿三十郎」客入りイマイチで織田裕二 キムタク越えならず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「椿三十郎」客入りイマイチで織田裕二 キムタク越えならず

公開中の織田裕二主演の映画「椿三十郎」。

製作総指揮の角川春樹氏は「興行収入は40億から60億円」とぶち上げたというが、現状は期待ほど入らず。

春樹氏は、同じ時代劇でキムタクこと木村拓哉主演の「武士の一分」の興収40億円をかなり意識しているようだが、どうやら織田様のキムタク越えは厳しそうだとのこと。⇒ranking

 

この作品は黒澤明監督・三船敏郎主演の名作を45年ぶりにリメーク。織田にとって初の時代劇となりました。

「ヒットすれば、今年の映画賞は、興収80億円の『HERO』で今年の邦画ナンバーワンとなったキムタクと織田のガチンコ対決か、と思われていましたが、キムタクの圧勝。

キムタクが映画賞を総なめしそうです」(映画ライター)

台本は45年前のものをそのまま使っているというが、逆にそれが敗因になったという声もあるそうです。

「45年前の作品を知らない人は、織田といえば、『踊る大捜査線』の青島刑事のイメージ。

織田は会見などで、『自分らしく演じた』と話していますが、逆にそうやって三船を意識しすぎたんでしょう」(同)

気になる演技の方ですが、織田らしさが出し切れていないという。

 「テンションは高めですが、『世界陸上』の時のようなはじけっぷりがなく、何か窮屈な感じ。

やはり、織田に時代劇は似合わない」(同)

今年デビュー20周年を迎えたにもかかわらず、渾身の記念作がふるわなかった織田。これで今後が厳しい状況になりそうです。

「今までは『踊る』シリーズの貯金で、陰で“織田様”と呼ばれるように、自由に振る舞ってきましたが、

今年は主演したTBS系ドラマ『冗談じゃない』もたいした数字は取れなかった。

一部では『踊る』の3作目の製作が始動した、と報じられていますが、3作目の撮影に専念し、邦画史上空前のヒットを記録した『踊る』の2作目を越えるヒットを狙うしかありません」(映画関係者)

来年の巻き返しが見ものだが、「プライベートでは最近、全く浮いた話が出てませんが、阿部寛のように電撃結婚がありえるかも」(同)という声も。

今後の織田に注目です。⇒ranking

織田裕二と時代劇ってあまり結びつかないですね。

巻き返しはあるのでしょうか?⇒ranking

最新能情報はrankingへ!

椿三十郎OFFICIAL BOOK (ぴあMOOK) (ぴあMOOK)

 

鈴木えみ 現金で億ションを購入!高級外車を乗り回す
raking3位のズバリ!裏芸能さんへ

[ 2007/12/08 14:12 ] 芸能ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



ライブでGO!GO!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。